宮武館

「宮武館」とかいて「キューブハウス」と読みます。 記事内容は、サイコロのように不規則で多面体です。

葛飾紹介

水元公園の秋の花


 朝っぱらから、水元公園に行ってきました。
 まだ9月だというのに、コスモスの見頃が終わりつつある・・・。
 今年の秋は早いのね。
83bcac37.jpg

 メタセコイアの森とコスモス
5b3c0a0e.jpg

 炎のように咲きほこる彼岸花
08449af5.jpg

 白い彼岸花は、毒気がなくて清らか。
 赤と白で、その印象がまったく変わってしまう。
df8d0242.jpg

 彼岸花のまわりに生い茂っていた、ワルナスビ
 かわいい花を咲かせるけれど、調べてみたら、最悪の外来植物といわれているらしい。
6c4bed28.jpg
 ↑ しっかりとトゲが写っているでしょ。
<ワルナスビとは>
 ・繁殖力が旺盛 →  種は100年以上の寿命あり。 草取りしても、切れた根から横へ広がって芽吹き、さらに増殖する。 他の植物の生育を妨げる。
 ・トゲがある→ 軍手をつけても触ると痛い。
 ・毒がある→ ジャガイモの芽と同じ、ソラニンを含む。 牧草と一緒に食べた牛から、中毒症状がでることも。
 ・害虫の温床地となる→ 畑を荒らす、黒いてんとう虫と仲良し。

 なんと、水元公園で繁殖してほしくない植物ということが判明。
 今度は軍手を3枚重ねて、草取りしよう。
 他の野花が咲かなくなったら、「ワルナスビ公園」になってしまうわ。 


秋の水元公園

半年ぶりの水元公園です。
水辺は憩いの場所。
ところがベンチは、鳥のウ○コだらけ。(新聞紙もっていきましょう)
131117_1141~01.JPG















この先に、水元公園水生植物センターがあります。
3月24日までだった企画展「-どっこい生きてた化石植物-三木先生とメタセコイア物語」が今も延長開催中。
絶滅したといわれるメタセコイアを、発見したのが三木先生。
それが水元公園にある・・・という貴重なお話。
131117_1211~01.JPG















水元公園といえば、必ず立ち寄るのがここ。
葛飾区金魚展示場のアイドルは、つぶらな瞳のオランダシシガシラちゃん。
すくすくと育っております。
131117_1225~01.JPG















こちらは白斑の銀魚(!?)。
131117_1234~01_Ed.JPG












これからメタセコイアの森へ。
信号なしでサイクリングできるなんて、快適です。(とばしちゃダメよ)
まるで外国の公園みたいに広いです。
131117_1257~01_Ed.JPG












続きを読む

第29回 かつしか産業フェア(その3)

昨夜は台風と地震で、大荒れの関東地方。
心配されたお天気も、午後2時には雨がやんでいました。

さっそく第29回かつしか産業フェア(農業・伝統産業展)へGO!。
会場のテクノプラザかつしか周辺には、公団がいっぱい。
公団に住む人は徒歩1分で来れるせいか、天候に関係なく賑わっています。
↓画像は、雨がやんで会場から出てくる関係者の方々。

131026_1510~01.JPG
















毎年恒例の、野菜宝船
ぎっしり詰まった地元の野菜!
131026_1636~01.JPG















野菜宝船のどアップ!
りっぱな野菜だこと!
131026_1514~02.JPG
















先週の工業・商業・観光展(10/18~20)では、大雨にみまわれ、屋外会場のショップが早々に店じまい。
今週は台風接近を見越して、急きょすべてのショップが屋内に移動。
パンフレットとともに、来場者に配布されていたのは、変更後の会場配置図。
屋内外にブースを設けていた長崎の五島列島店も、やむなく規模縮小。

131026_1531~01_Ed.JPG













第29回かつしか産業フェアのポスターは、江戸木彫刻(葛飾区水元)の北澤一京さんが描いたもの。
今回の伝統産業展にも出展されています。

131026_1702~01.JPG















 さっそく江戸木彫刻のコーナーへダッシュ!
「絵も描かれるんですか?」とピンポイントでいきなり質問。(^^;
「ああ、描くよ。 俺は負けず嫌いだから、水墨画も描いてる」と答えてくださったのは、まさしく北澤一京さんご本人でした。
 国画水墨院の副理事長を務めながら、「絵で食ってるわけじゃないから」と語ります。
 
 その語り口調に、自信と威厳が感じられました。
 (彫刻で食べている)という意味だけでなく、それ以外にも何かあるような気がして、調べてみることに。

 そしたら、そしたら!!
 絵を描く以前に、数々の名作を残す職人さんであることが判明!!
 わかりやすいところでは、この方、昭和を代表するスターのお仏壇を彫り上げてらっしゃるんですよ。
 しかも、その御夫人からのご指名で。→ こちらをクリック
 
 おまけに靖国神社のみたま祭り(2012年)では、迫力のある龍の水墨画を展示。
 → こちらをクリック(5:27~)
 その水墨画が、楽天で商品化されています。
 → こちらをクリック
 

 何も知らずに質問して、ホント、失礼致しました!


続きを読む

第29回 葛飾産業フェア(その2)

葛飾産業フェアの商業コーナーの目玉といえば、このデコレーションケーキ。
毎年子供の指でズブズブにされてしまうのですが、いつから近寄れないようになったのかしら?
しっかりとロープでガードされていました。
画像は、遠巻きにケーキを見ている男の子。

131020_1136~01_Ed.JPG











それでも、指でズブズブにされた跡が・・・。

131020_1135~01.JPG















ここはひとつ、夕張のメロン熊に来て頂こうじゃありませんか!
秋田県の「なまはげ」よろしく、ズブズブする子供がいたら、ソッコーで襲ってもらいましょう!
そうすればメロン熊も、ゆるキャラ同士で争わなくて済むというものです!(笑)



ケーキの上に、マジパンで作ったホットケーキ!
マジパン細工のデコレーションが素晴らしい!
まるでドールハウスの細やかさ!
本物みたいにトロ~リこぼれるハチミツと、動きのあるお人形さんが可愛いですね。

131020_1158~01.JPG















個人的には、シンプルなデコレーションがお気に入り。
こちらもケーキの上に、マジパン細工のウエディングケーキが。
画像では見えませんが、きめ細かいレース模様に、職人技を感じました。

131020_1137~01.JPG



















続きを読む

第29回 葛飾産業フェア(その1)

10月18日(金)からテクノプラザかつしかで開催中の、葛飾産業フェア(工業・商業・観光)。
去年は風邪をひいて見に行けず、残念でした・・・。たらーっ(汗)
今年はあいにくの雨で迎えた最終日。
会場の入り口前は、傘をさして、早足で横切る人たちの姿が見られました。

131020_1105~02.JPG

















派手な服装は大阪のおばちゃんだけかと思いきや、東京にもいるんですね。(^^;
来場者の視線をくぎづけにしていたのは、花柄ツーピースのおばちゃん。
おばちゃんが買っているのは、葛鹿バーガー(400円)。

BlogPaint


だけどこのおばちゃん、会場を歩くたび、スーツ姿の男性達から、挨拶されていました
服装からしてそうだけど、かなりの大物と思われます(笑)。



今年の4月に金町でオープンしたばかりの、東京理科大学・葛飾キャンパス。
キャンパスにある「カフェ・アイリス」から、葛鹿バーガーが出張販売されていました。
ギュッと詰まった鹿のメンチ肉が、とてもジューシー!

9e932436.jpg


「水元の菖蒲まつりで、お店出してます」と話すのは、藤屋精肉店の女性。
毎週木曜日は、13時から20時まで、お花茶屋でも出店しているとのこと。
しっかりと味のしみこんだモツ煮込み(小・300円)が、雨で冷えきった体にうれしい一品でした。

BlogPaint


お昼を過ぎるとさらに雨足は強くなり、早々に店じまいする屋外テントもありました。
せっかく自転車で駆けつけたものの、今年も風邪を引きそうな予感・・・。
10月のこの時期は、急に冷え込んで、体調を崩しやすいみたいですね。
早急に引きあげることにしました。
またもや残念!


記事検索
宮武夕子

poncube

  • ライブドアブログ