約3ヶ月ぶりの更新です。
 梅雨が明けたら連日猛暑で、やっと過ごしやすくなりました。
 大きな台風と地震のあとで。
 北海道の地震被害の報道がない日はありません。
 西日本の台風の爪跡は、ボディブローのようにジワジワとくる打撃です。 
 一日も早く被災地が復旧・復興されることをお祈り申し上げます。

 それにしても、今年の夏は暑かったですね。
 こまめに水分補給しても、フラついてしまうほどでした。
 去年、健康ブラザかつしかで受講した料理教室「暑サニモ負ケヌ~夏を元気に過ごす食事のポイント~」(2017年7月12日)のレシピがおおいに役に立ちました。
左上から、豆苗とさきイカのピクルス和え鶏ささみの湯引き豚肉と小松菜のソテー
C2D35B6C-519D-4CCD-83FD-3F4E211E8482
豆苗とさきイカのピクルス和えは、らっきょで代用しています。
 近所の店にピクルスがなくてらっきょを買ったら、味付けしなくてもいいし、より好みの味になりました。
 パプリカは、加熱して油と取り入れたほうが吸収しやすいそうなので、栄養を重視するならレシピどおり、オリーブオイルと塩コショウで和えるのがいい。 

鶏ささみの湯引きは、参考になったレシピ。
 片栗粉をまぶした鶏ささみをお湯にくぐらせると、ツルンとした食感になるんですね!
 考案した管理栄養士によると、病院食で患者から好評だったそうです。
 夏バテで食欲がない時に、冷たくて喉ごしのいいおかずはうってつけ。

豚肉と小松菜のソテーは、考え抜かれた食材の組み合わせ。
 豚肉には疲労回復に必要なビタミンB1が、その吸収を促進するのがにんにくのアリシン、小松菜と豆腐でビタミンCやE、カルシウムを補給するだけでなく、食べごたえのある一皿に。
 
 料理をはじめた頃は、食べたいメニューや作れるレシピに偏っていましたが、ある程度慣れてくると栄養面も気になってきますね。
 食事によって健康に過ごせるなら、そうしたいです。
 葛飾区では、夏バテする前にこうした教室を開催していたんだと思うと、つくづくその恩恵を感じます。
 レシピは、一度覚えたら一生モノですからね。

 ただ、メタボ生活が気になって教室に参加していた、中高年の独身男性が気になりました。
 いきなりこれだけのメニューを覚えるのは、かなりハードルが高いです。
 女性が多いと知りながら参加したであろう、そのチャレンジ精神を考えたら、単身者向けのレシピがあればいいなぁ。
 今どきはやりのレンジでチン!料理になるだろうけど、気温が35度を超えて、深夜まで気温が下がらないことを考えたら、簡単にできるにこしたことはありません。
 台所で熱中症にならないように、時短料理は必須の流れかもしれません。

いちオシ・夏バテ防止ジュース!
南国フルーツ フィリピン産バナナ4kg
 夏はすぐに傷んでしまう、常備バナナ
 バナナと牛乳とヨーグルトをブレンダーにかけると、大阪名物ミックスジュースのできあがり。
 それを毎日飲んでいたら、シミが薄くなって、そのうえ疲れしらずで過ごせました。
明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ112ml×12本
 個人的には、バナナと牛乳をベースにして、パイナップル+ガゼリ菌ヨーグルト、あるいはグレープフルーツ+LG21ヨーグルトの組み合わせがお気に入りでした。
 白桃が安く手に入った時は、牛乳と一緒にブレンダーにかけて、できるだけ本来の甘みを堪能。
 の甘さは格別です!
 そして、ゴールドキウイのジュースは美肌効果抜群。
 私の場合は、パックした翌朝みたいに肌がワントーン明るくなっていました。
 異常気象で夏野菜が高騰したら、果物で酷暑をのりきるのもアリですね。