宮武館

「宮武館」とかいて「キューブハウス」と読みます。 記事内容は、サイコロのように不規則で多面体です。

2013年07月

東部地域病院へいってきました

東部地域病院へ初めていってきました。
亀有にはこんなに立派な病院があるのに、救急 or 紹介状がないと利用できないの、ここ。
a2802eaa.jpg

亀有駅から徒歩3分の東部地域病院。
外からみた東部地域病院は、街路樹に囲まれて、なんだかミステリアス。
中に入ってみると、吹き抜けの天井と中庭の採光が、とても明るくて開放的。


通常なら、お年寄りで埋め尽くされてる外来の待合席も、余裕の空席。
紹介状つきの予約制ですから、不定愁訴と思われる患者はいない様子。
初診でもさほど待たされずに、順番がまわってきました。


「ツイてるな 」と思ったのは、婦人科が女医さんだったこと。
私の記憶では、3年前まで婦人科検診は「男医」ばかりでした。
ここ数年で女医さんが増えましたね。
若くても同性というだけで、すごく安心できます。

婦人科検診で何がイヤかというと、触診です。
あれは男性にされたくありません。
特に子宮検診の場合、「なんでお前に股開かなあかんねん!」って思いませんか?(思ワナイ? )

今からそんなにこだわっていたら、将来介護される側になった時、私が困るでしょうね。
あまりにも高齢者が多くて、介護労働力が足りなくて、入浴もオムツ交換も「同性介助」なんていってられないもの。
若い兄ちゃんにオムツ交換されるくらいなら、ポックリ逝ってしまいたいっ!!



香取神社の短冊とHAVE A NICE TRIP

亀有の香取神社で七夕の短冊を飾りに行ってきました。
香取神社恒例の?お手製短冊は、昨年の七夕で5,000枚超え。
雨風でほどけるものもあり、今年は業者に依頼して有料に。(香取神社のフェイスブックより)

5,000枚も手作りしてたら、他のことができなくなりますよね。
有料化することで紙を大事に使えるなら、そのほうがいいと思います。
持参の短冊をつけてもいいとの御厚意で、願い事を書いて行きました。

MA330087.JPG


その後はアリオ亀有に立ち寄って、2FにあるHAVE A NICE TRIP でお買物。
店名どおり、ここの服はシワにならない素材で旅行にもってこい。
もう少し明るいカラー展開だと(私の)肌うつりもよくなるんだけど、全体的に地味でオリエンタルな雰囲気です。

お気に入りは、独自開発された涼しい麻の生地。
こちらをクリック
汗でベッタリはりつかないんです。
チクチクしないし、ゴワゴワしないし、シワにもならない!

毎年夏になると、HAVE A NICE TRIP の麻混チュニックをヘビロテするほど快適素材。
ところが去年、台所で漂白剤をこぼしてしまい、二度と着れなくなりました・・・。
あのチュニックだけは特別に手洗いして、型崩れしないように干していたのに、すべてがパァ。

そういうわけで、今年は3年ぶりの来店。
売り場は何度も移動しましたが、店員さんはかわってませんね。
おすすめされたとたん警戒する私が、なぜかガードをはずせる店員さんです。


記事検索
宮武夕子
  • ライブドアブログ