深夜になって、「新宿の小田急百貨店で551蓬莱(ほうらい)が出店してるよ」と相棒がささやく。
 「明日、行く?」
 そんなに豚まんが食べたいか?
 「朝一番に出かけるなら」と、低血圧な相棒に条件をつけた。

 イベント名は、「全国うまいものめぐり」。
 郷土の味を求めて新宿に押しかけてくるだろうから、人混みができる前にサッサと撤退したい。
 案の定、開店15分後ですでに20人以上の行列が、551蓬莱の前にできていた。
 
 小田急百貨店で、小林カツ代さんの「なにげないけどすごいスプーン」も買っちゃったもんね~♪
 
2d7142b8.jpg

 外は連日35度の猛暑。
 デパート内はエアコンがきいているけど、豚まんを蒸したり唐揚を揚げたりで、会場内はそれほど涼しくなかった。
 蓬莱と同様に混んでいたのが、鹿児島名物白くま(かき氷)のブース。
 今年の夏は、相棒の好きな白くまのカップアイス(パフェ)が手に入らなくて、困っていたところ。
 そういうわけで、さっそくお店のテーブル席についた。

 亀有にあったスーパー・クサマで、よく買った白くまのパフェ
 私は昔なつかしアイスクリンが定番だった。
丸永製菓 九州名物 白くまパフェ バニラ 24個入「昔なつかしアイス」の画像検索結果
 すでに店内はほぼ満席。
 「早めにきたから、タイミングよくありつけたな」
 相棒は、7年前の鹿児島出張で、本場の白くまを楽しみにしていたらしい。
 「鹿児島の出張って、たしか飛行機に乗り遅れたとき?」
 「そうや! それで時間がなくなって食べに行かれへんかったんや
 遅起きは三文以上の損?

 かき氷のてっぺんにあしらったレーズンが顔にみえることから、「白くま」と呼ばれるようになったとか。
 スペシャル白くま(750ml / 1,296円 / 1日限定100杯)

 e5285cce.jpg

 緑色のアンゼリカや白花豆がなんともレトロ。
 赤ん坊の頃から、白花豆を食べると吐いていた私が、白くまなら平気だった。
 練乳との組み合わせだと、すごく合う!
 これを食べて育った人は、アンゼリカが、おしゃれなタピオカやナタデココに変わったら怒るだろうなぁ。
 私も551蓬莱の豚まんが、フカヒレまんや高級和牛まんになったところで嬉しくないもの。
 
 このボリューム!
BlogPaint

 

 小林カツ代さんの「なにげないけどすごいスプーン」グリーンが人気で、我が家には1本しかない。
 最近はゼリーをよく作るので、音をたてずにきれいにすくえるこのスプーンをもう1本そろえたい。
 ネットから注文すると送料がつくし、マーナでグリーンは在庫切れだし、ピンクブルーは子どもっぽくてイヤだな・・・と思っていたら小田急百貨店にあった。
 暑くても、出かけてみるものだなぁ。
MARNA マーナ なにげないけどすごいスプーン【RCP】

 楽天で人気の京都がま口専門店・あやの小路も、小田急百貨店にあった。→ こちらをクリック
 布地や柄がどんどん洋風化していく。
 実際に手に取ってみると、画像以上にステキ
 私の財布はがま口と決まっていて、ファスナーより丈夫だし、すぐに開閉できるところが気に入っている。
 がま口のリュックはおもしろそう!
【受注生産品】【バッグ】がま口リュック(小)【帆布・唐草/水玉】<がまぐち/リュック/デイパック/リュクサック/手作り/バッグ/和雑貨/京都/あやの小路/がま口>【smtb-k】【ky】【在庫商品】革ヒモ付き手提げがま口財布(小)【帆布・蛸唐草】<がまぐち/コインケース/小銭入れ/AYANOKOJI/和雑貨/がま口>【受注生産品】【バッグ】 がま口ポシェット(大)【リネン】<がまぐち/がまぐちバッグ/和風/ナチュラル/リネン/サイフ/手作り/和雑貨/京都/あやの小路/がま口>【a_2sp0420】

 せっかくだからと相棒が、東急ハンズまで最短距離で案内する。
 JR新宿駅南口から修行僧のように炎天下を歩くのかと思ったら、直射日光を浴びたのは横断歩道だけ。
 3年前のハンズメッセで、無駄に歩いて汗をかいたことがバカみたいだ!

 東急ハンズの製菓コーナーでゲットした、
コアントロー(洋酒)のミニチュア(50ml)。
KATSUYOレシピのオレンジシ・フォンケーキで使うのだ!
 
コアントロー ミニチュア  50ML 1本

 文具コーナーでは、日本刀の形をしたハサミがあった。
 外国人ウケするだろうけど、よく切れるのかな?
外国土産にも最適! 関伝の美 日本刀鋏(ハサミ)

 コスメコーナーをのぞいたら、突然相棒が方向転換していた。
 振り向くと、背の高いオネエさまがおわした。
 ここは新宿、すべてを飲みこむ街だから!
もしかして、キャンディポップの妖精かしら。
BlogPaint

 そのオネエさまは、ピンクのミニワンピにすらりと伸びた細い足で、女性店員に質問していた。
 ここのハンズの店員は心得ている。
 微動だにせず、談笑しながら商品説明していた。
 
 それにひきかえ相棒は、オネエごときで逃げだすなんて。
 「背を向けて逃げたらアカン。そういうときは、正面を向いたまま後ずさりするんや」
 「ハンズでそんなことしたら、もっとおかしいやんか!!」

 東急ハンズでオネエさまを見かけたら、そーっとしておいてあげましょう。