宮武館

「宮武館」とかいて「キューブハウス」と読みます。 記事内容は、サイコロのように不規則で多面体です。

亀有北口歯科


 長い間ほったらかしにしていたブログで、何を取り上げようか考えた結果、まずはお世話になった歯医者さんから。
レトロなところもお気に入り。
BA20ACA8-8C7F-4CEF-98F2-2C88C706C5AB
 
 古い建物の2階にある亀有北口歯科。
 きっかけは、葛飾区の無料診察券(※年齢制限あり)です。
 区内でないと利用できなくて、電話で問い合わせたところ、声だけで信頼できるドクターだと思いました。
  
 あまりいじらない治療法で、基本は毎日の歯みがきだとドクターはいいます。
 赤くはれた歯ぐきが、歯みがき(だけ)でピンクになった写真をみせられて、私もやってみよう!と。
 フロスは歯と歯の隙間がない若い人向きで、ある程度の年齢になったら歯間ブラシがいいそうです。
システマ 歯間用デンタルブラシ SSS 8本
 毎日丁寧に歯みがきすると、うっかり忘れて寝た時の気持ち悪さといったらありません。
 受付の美しいおばさまによると、磨いてない時に気持ち悪いと感じることが大事なのだそうです。
 そう思うことで、清潔保持ができる。
 それまでは、就寝前のデンタルリンスで清潔になった気がしていたのですが、歯間ブラシを使うと格別の爽快感があります。 
GUM デンタルリンス ナイトケア 900ml
 半年ほどで、私の歯ぐきもピンクになっていました。
 別の歯科医にかかっていた相棒に何度もすすめて、2人でお世話になることに。
 歯みがきせずに寝てしまうことが多かった相棒も、今では電動ハブラシと歯間ブラシを併用するこだわりよう。
 2人で「どっちがきれいな歯ぐきか」と競いあうまでになりました(笑)。 
 せっかくいいお医者さん&受付の助手さんだったのに、通院できなくなって残念ですが、引越し先に知り合いのドクターがいるとおっしゃっていたので、今度聞いてみようかしら。

暇つぶしに読んでいた待合室の「がんばれ元気」(1976年~1981年)。
この時から小山ゆう作品はグイグイと読ませる漫画ですね。
亀有北口歯科は予約制で、ほぼ時間どおりに呼ばれるので、完読できずじまい。

がんばれ元気 (1) (小学館文庫)
(おまけ)現在スペリオールで連載中の小山ゆう「雄飛」(2014年~)。
こちらもボクシング漫画で、毎回続きが読みたくなるストーリーです。
雄飛 ゆうひ 1 (ビッグコミックス)
 

再開します


 約2年半ぶりの更新です。
 以前は「宮武館」でネット検索しても何もでてこなくて、このブログ名にオリジナリティを感じていたのですが、東京に同名のマンションがあるようですね。
 フェイスブックには同姓同名の方もいらっしゃって、世の中ひろいもんです。

 もし引っ越したら「亀有の夕日」だとつづけられないから…という経緯でこのブログ名にしたのですが、まさかそのとおりになるとは!
 今は亀有にいないので、ツイッターもフェイスブックも、「亀有夕子」の名前で更新することはほぼありません。
 せっかくなので、「宮武夕子」としてブログを再開してみようと思います。
 焼き直しだと私が一番飽きてしまうため、試行錯誤の末、もしかすると閉じてしまうかもしれませんが、これもひとつの過程とおつきあい頂ければ幸いです。

  2018年5月10日(木)                   亀有から遠く離れて、宮武夕子

 

また会う日まで


 9月最初のブログ更新の前に、考えてしまいました。
 新しいことを始めたら、ブログはあとまわしになるだろうな、と。 
 今後、放置するのが目に見えているので、しばらくお休みすることにします。

 それを象徴するかのように、この夏、亀有ゲストハウスの跡地が駐車場になってしまいました。
 このブログと同じ、「キューブハウス」という名のゲストハウスがあった場所です。
 あの土地を買う人がいない限り、アスファルトでかためられて、当面は凍結したままでしょうね。
  
 私も、このブログでしか伝えられないことができたら、また再開しようと思います。
 自己発信な記事なのに、読んでくださってありがとうございました。
 それでは、 ♪ また会う~日~まで~パラッパ~!(By 尾崎紀世彦)

                        
                                   宮武夕子

夏のカマキリ

 
夏によくみかける、カマキリ。
近づくと寄ってくるから、何度も撮り直し。
なついているのか、攻撃しているのか。
BlogPaint

 ひと雨ふって、翌朝、自転車置き場に向ったら、地面にカマキリの轢死体が。
 誰かに踏まれてしまったのかな。
 けっこうかわいかったのに。



夏バテレシピ


 連日猛暑の記録を更新中の東京ですが、昨日の気温は35.9度!
 体温と同じ!
 この暑さで相棒は食欲なくすわ、私は料理したくないわで、毎日の献立に頭を悩ませている。

 KATSUYOレシピ(有料サイト)より、とうもろこしとじゃこの炊き込みご飯。
 やさしくて控えめな味が、食欲をそそります。


 ウチでは土鍋で炊飯するため、保温できないかわりに、梅干と一緒に炊いて傷むのを防いでいる。
 ほんの少しの塩気で、味も見た目も変わらない。
 食欲がなくて食べたいものが限定される上に、夏のお弁当は食中毒にも気をつけなきゃいけないから、さらに頭を悩ませるところ。
 
 この炊き込みご飯は、殺菌効果が高い大葉が薬味だから、今回は梅干なしで炊飯。
 じゃこをケチらないでたくさん入れてみたところ、塩味がきいて格段においしくなった。
 “ じゃこ ” じゃなくて、しらす干しをフライパンで炒ったものだけど。
 汗とともに塩分を排出するせいか、体が塩味を求めているのかもしれない。

 小林カツ代「おかずがいっぱい」(1998年/学研)
おかずがいっぱい―春夏秋冬

 ↑ この本のゆでたまごとツナのカレーは私の定番レシピ。
 カレーとツナは合うみたい。
 カレーはクズ野菜の在庫処理にうってつけ。
 傷みやすいニラや水菜も、みんなまとめてドライカレー。
ed8e80f8.jpg

 ネットでは、小林カツ代さんがあみだしたツナドライカレーが好評で、KATSUYOレシピでもお弁当レシピとして紹介されています。→ こちらをクリック
 ドライカレーなら相棒は週3回でも食べるし、お弁当になるし、ツナを入れたら失敗するわけがない!
 来週はそれでいこう!

 
記事検索
宮武夕子

poncube

  • ライブドアブログ